お知らせ

【10月29日(金) 第40回 八重洲塾 百瀬 則子氏ご講演のお知らせ】

 

●第40回八重洲塾 百瀬氏 ご講演のお知らせ●

「”食品リサイクルループは命をつなぐ環” 未来の子ども達のためにSDGs」をテーマにオンラインで開催致します。

八重洲塾では、SDGs(持続可能な開発目標)について考えていきます。SDGsは地球環境や経済活動、人々の暮らしを持続可能とするためにすべての国が2030年までに取り組む行動計画であり、17の目標、169のターゲットからなります。2030年までに小売や消費レベルで、世界全体の一人当たりの食料廃棄を半減させ、生産・サプライチェーンにおける食品ロスを減少させることが掲げられています。

ワタミ株式会社執行役員SDGs推進本部長 

  一般社団法人中部SDG推進センター副代表

百瀬 則子 氏 

《 プロフィール

2006年から農水省・環境省の食品リサイクル合同委員会委員を務め、2007年1月 ユニー(前職)が、日本初の食品リサイクル再生利用事業計画(食品リサイクルループ)の認定を受ける。2008年 食品リサイクル推進環境大臣賞最優秀賞受賞。2013年3月 エコファーストの約束である、ユニーの店舗所在地全ての地域(福島県を除く17府県)でリサイクルループを構築し、大臣認定を受ける。2017年6月 ベルリンで開催されたG7のSDGs協調行動ワークショップで、食品リサイクルループの事例紹介をする。12月 第5回食品産業もったいない大賞農林水産大臣賞受賞。2020年ワタミと外食産業4社との共同リサイクルループを認定され、第8回もったいない大賞農林水産省食料産業局長賞を受賞。

《 講義内容 》

食品リサイクルループは、単に食品廃棄物の処理ではなく、食品再生資源の排出者(食品関連事業者)とリサイクラー、農畜産生産者がパートナーシップを組み、それぞれが役割を果たすことで再び品質の高い農畜産物を消費者に届けるサーキュラーエコノミーの実現です。また、消費者に「SDGs12つくる責任つかう責任」について実践的啓発活動を行うことで、エシカル消費の普及拡大にも貢献しています。

《 日時 》

2021年10月29日(金)18:30~20:30 受付18:00より

《 参加方法 》

  • ZOOMのウェビナーにて開催します。
  • 申込方法 URLよりお申込みください。初回お申込みの方   ⇒ https://bit.ly/2VwN5ZS
  •                   メンバー登録済みの方 ⇒ https://bit.ly/3eOUxHn
  • お申込みされた方へ参加案内メールを送信致します。オンライン参加(先着200名限り) 
  • 申込締切日 10/27(水)                                         

《 対象:一般/学生 》

主催:株式会社アグリインキュベーター                                                                                                                                                             共催:一般社団法人 未来農業創造研究会
協力:イオンコンパス株式会社・株式会社マイファーム・イーサポートリンク株式会社

ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

皆様のご参加お待ちしております。

 

https://bit.ly/2VwN5ZS

PAGE TOP