お知らせ

【8月20日(金) 第38回 八重洲塾 牛久保 明邦さまご講演のお知らせ】

「つくる責任 つかう責任」をテーマにオンラインで開催致します。

●第38回八重洲塾 牛久保氏 ご講演のお知らせ●

八重洲塾では、SDGs(持続可能な開発目標)について考えていきます。SDGsは地球環境や経済活動、人々の暮らしを持続可能とするためにすべての国が2030年までに取り組む行動計画であり、17の目標、169のターゲットからなります。2030年までに小売や消費レベルで、世界全体の一人当たりの食料廃棄を半減させ、生産・サプライチェーンにおける食品ロスを減少させることが掲げられています。食品ロスについて学び考えていきます。

東京農業大学名誉教授・農学博士

一社)日本有機資源協会会長

(一財)日本土壌協会副会長

牛久保 明邦 氏 

<プロフィール>

平成23年東京農業大学教授退職後、同年東京情報大学学長に就任、平成27年退任。現在、一般社団法人 日本有機資源協会会長、一般財団法人 日本土壌協会副会長。専門は、土壌学、環境科学、食品リサイクル。社会活動では、農林水産省「食料・農業・農村政策審議会食料産業部会食品リサイクル小委員会」「食品ロス削減に向けた検討会」等の座長等を歴任。著書「食品リサイクル成功の秘訣」等

「食品ロス削減と食品廃棄物等の再生利用」

多量の食料を海外に依存するわが国の食料事情は、楽観できない状況にありながら、食品ロスが食品産業から、一般家庭までのフードチエーン全体で、年間約600万トン発生している。これは偏に食料問題のみならず、環境・経済面にも負の影響を及ぼしている。食品ロス削減は、国際的にも喫緊の課題として、SDGsに2030年までに、食料廃棄を半減するという目標が打ち出されている中で、わが国の食品ロスの発生実態から、食品ロス削減と食品廃棄物等の再生利用等について考察する。

《 日時 》

2021年8月20日(金)18:30~20:30 受付18:00より

《 参加方法 》

  • ZOOMのウェビナーにて開催します。
  • 申込方法:URLよりお申込みください。初回お申込みの方 ⇒ https://bit.ly/2VwN5ZS
  •                   会員登録済みの方 ⇒ https://bit.ly/3eOUxHn
  • お申込みされた方へ参加案内メールを送信致します。オンライン参加(先着200名限り) 
  • 申込締切日 8/18(水)                                         

《 対象:一般/学生 》

主催:一般社団法人 未来農業創造研究会 ・ 株式会社アグリインキュベーター
協力:イオンコンパス株式会社・株式会社マイファーム・イーサポートリンク株式会社

ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

皆様のご参加お待ちしております。

PAGE TOP