お知らせ

開催迫る!!【9月25日(金)オンラインのハイブリット開催! 第31回 八重洲塾 杉浦氏・中山氏・辰己氏ご講演のお知らせ】

オンラインのみの参加となりました。

参加費は無料です。

皆様の参加をお待ちしております。

◉申込方法:右記、URLよりお申込みください。⇒  https://bit.ly/2VwN5ZS

●第31回八重洲塾 杉浦氏・中山氏・辰己氏ご講演のお知らせ●

八重洲塾では、SDGs(持続可能な開発目標)について考えていきます。SDGsは地球環境や経済活動、人々の暮らしを持続可能とするためにすべての国が2030年までに取り組む行動計画で気候変動対策など17の目標からなります。食や農業の分野において、SDGsの各項目のゴールとどのように関わり、貢献できるかをSDGsの専門家を招いて学び考えていきます。

 

農研機構 果樹茶業研究部門 生産・流通研究領域 園地環境ユニット長

杉浦 俊彦氏

農林生産法人 大崎農園 専務取締役

中山 清隆氏

東京農工大学大学院 農学研究院 農業環境工学部門 准教授

辰己 賢一氏

【2020年9月25日(金)開催 第31回 八重洲塾 講師ご紹介】
第31回八重洲塾でご講演いただく講師の方々は…

<杉浦 俊彦氏>

1963年愛知県生まれ。1987年に京都大学農学部卒業、農林水産省に入省し、同省果樹試験場で気象と果樹生育との関係に関する研究を開始。
1997年果樹の生育予測研究で京都大学より博士(農学)を授与される。2001年より農研機構果樹研究所にて気候変動の影響研究と適応技術
開発について取り組みを開始。政府の気候変動影響関連委員会の委員を歴任。著書に「温暖化が進むと農業・食料はどうなるのか(技術評論
社)」など。第29回の八重洲塾に続き2回目の御登壇。

<中山 清隆氏>

1971年生まれ、神奈川県出身。1994年東海大学海洋学部を卒業。静岡の水産会社にて3年ほどサラリーマンをしたのち1999年大学の同級生3
名で鹿児島にて農業を始める。当初は代表の家業である水産業と農業二足のわらじであったが、現在は農業生産法人のみ。2017年からはベトナ
ムで合弁会社を立ち上げる。役員の佐藤は現在ベトナム駐在。また、北海道の法人とも人材・販売の提携をしている。農業生産は露地野菜が青
首大根中心に年間120ha、ハウス小葱栽培年間延べ10haとなっている。

<辰己 賢一氏>

1977年生まれ,大阪府出身.2002年京都大学大学院工学研究科修士課程修了.同年京都大学防災研究所に入職.2012年京都大学工学博士(工学).2012年東京農工大学助教,2016年より同准教授.2016~2020年科学技術振興機構さきがけ研究者(兼任).作物収量算定モデルの高精度化と気候変動が農産物生産性に与える影響の定量的研究に取り組む.2019年より横須賀市環境審議会温暖化対策推進部会専門委員.気象予報士

 

◇◇◇◇第31回八重洲塾 概要◇◇◇◇
第31回:2020年9月25日(金)18:30~20:45 受付18:00より

講師:
杉浦 俊彦氏   「我が国の農業における温暖化影響の現状と適応策」
中山 清隆氏  「気変化に対応する農業〜気候変動との共存〜」
辰己 賢一氏  「気候変動下での作物の生産性を正確に予測するための技術と課題」

《 参加方法 》
オンライン参加(先着200名)

ZOOMのウェビナーにて開催

◉申込方法:右記、URLよりお申込みください。⇒  https://bit.ly/2VwN5ZS

初めての参加の方はメンバー登録が必要になります。
お手数をおかけいたしますが、メンバー登録後の自動返信メールより参加登録をお願いします。

《 参加費:無料 》

《 対象:一般/学生 》

主催:株式会社アグリインキュベーター
共催:一般社団法人 未来農業創造研究会
協力:イオンコンパス株式会社・株式会社マイファーム・イーサポートリンク株式会社

ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

是非、奮ってご参加ください。
皆様のご参加お待ちしております。

 

 

PAGE TOP